保護者目線で、保育士さんを見てきて感じたこと。

子育て

8年間、子どもたちが保育園にお世話になりましたが

保育士って、大変な仕事だと思います。

オーバーワークじゃない??と

保護者目線で見てても感じました。

毎日20人くらいの子どもたちを怪我ないように見る。

お部屋で遊ばせるも「せんせー!!」「見て!!」の嵐。

お散歩に連れて行くのも、いつ飛び出すかわからない子がいたら命がけ。

保育してるだけでも、責任が大きく重労働。

そのうち、ママに会いたくて1日中泣き叫ぶ子がいたり

お部屋から脱走する子がいたり

おしっこを漏らしてしまう子がいたり

調子が悪くて吐いてしまったり

急に熱を出す子がいたり。

イレギュラーだらけの子どものお世話を

冷静に対応してくれていました。泣

子どもが転んで擦り傷を作ったり

子ども同士のトラブルでちょっと顔に傷がついたら

先生が「お母さん、ごめんね」と謝ってくれて。

(先生悪くないよ!謝らないで!!)

子どものお昼寝中は、連絡帳の記入をしてくれて。

ひとりひとり、今日は何をして過ごしたのかをひとこと書いてくれました。

先生、いつ休んでる???

発表会前は、深夜遅くまで衣装の手作り。

全員分の衣装を、劇用・おどり用と両パターン作ってくれました。

先生、いつ寝て

保護者懇談会では、たくさんの保護者に囲まれ

緊張してる様子が伝わりました。

優しいお母さんもいれば、きついお母さんもいますしね。

そりゃ緊張しますよね・・・

手作りのお誕生日カード。

手作りのおたより、メッセージ。

基本、なんでも手作りしてくれてました。

それに加えて、保育日誌の記入や、職員会議。

保育士さん同士の人間関係。

保護者との連携。

全方位に神経使ってるじゃないですか!!!

オールマイティーすぎませんか!!!

先生たち、大丈夫ですか!!!!!

保護者から見ても、オーバーワークですよ!!!

子どもたちにたくさんの愛をかけてくれるのは嬉しいことです♡

しかし、この働き方をずっとしていると

心も体も疲れてしまわないか心配でした。

実際、保育士を辞めていった先生も見てきました。

端折れるところは端折ってもいいと思います♡

手作りや手書きにこだわらなくて大丈夫。

ただでさえ、保育するだけで重大ミッションなのに

それ以外の雑務で疲弊してしまわないか心配です。

保育士でもなんでもない、ただの保護者目線でした。笑

先生たちのおかげで安心してお仕事ができたし

子どもと離れる時間を持てることで

心に余裕が生まれるお母さんもいたと思います。

いつもお疲れ様です。

そして本当にありがとうございました♡

保育士さんには感謝しかありません。

こんな保護者もいるよとわかってくれたら嬉しいです♡

リスペクト!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました