HSP・繊細さんがSNSを辞めてよかった話。

HSP・おとなの繊細さん

私は過去にSNSを楽しんでいましたが

今ではすべて辞めてしまいました。

SNSを辞めてよかったこと

新鮮な気持ちで会話を楽しめる

良くも悪くも、SNSを見ていると友達の近況がよくわかります。

・友達が結婚したこと

・出産したこと

・旅行に行ったこと

・同級生で集まって飲んだこと など

知らなくてもいい情報までキャッチしています。

本当は近況を知っているけど、友達に気を遣って

えー!知らなかったぁ!!

(投稿見て知ってるけどな)

初めて聞いたようなリアクションをしていました。

SNSで友達の近況を知ったうえで、友達と会うのと

SNSを辞めて、お互いの近況を知らないで友達と会うのとでは

リアクションが全然違います。笑

何も知らないでお互いの近況を聞くのは、新鮮です。盛り上がります。

SNSを辞めてからは、誰と会っても鮮度の高い会話ができています。笑

リアルな人との繋がりを大事にできるようになりました。

人と比べて落ち込むことがなくなる

SNSをやっていたころは、友達の投稿を見て

勝手に人と比べて落ち込むことがありました。

自分のこと、家のこと、子どものこと。

友達が家族旅行に行ったことや、資格を取得したこと

うちの子より遅く生まれた子が、先に歩き始めたことなどを

友達の投稿で知ってしまうと

のらねこママ
のらねこママ

うらやましい・・・

なんでうちは・・・

比べても仕方ないとわかっていても、焦ってしまいました。

SNSを断つと、人と比べることがなくなり

自分は自分のままでいいんだと、マイペースになれました。

知らぬが仏です。

モヤモヤから解放された

SNSを見て、モヤモヤした経験はありませんか?

のらねこママ
のらねこママ

他の人には「いいね!」を押してるのに

わたし、嫌われてる・・・?

他の人には「いいね!」を押してるのに

特定の人には「いいね!」を押さない人がいたり

ちょっとした意地悪に思えるようなコメントを見かけたり。

そういったSNS上での、小さな小競り合いを見抜いてしまい

心が疲れてしまう時期がありました。

女ってめんどくさいなぁ・・・モヤモヤモヤモヤ。

リアルで人と接して疲れて、おうち時間もオンライン上でストレスがたまるなんて。

これは精神衛生上よくないと判断しました。

おうちは癒しの時間に充てることに決めて

SNSを辞めたら、心がすっきり晴れ、ストレスフリーになりました!

人の目気にせずに、自然体に生活できるようになった

SNSをやっていたときは、食事する前に写真を撮ったり

写真が映えるようなスポットに行っていました。

いいね!の数を気にしたり、コメントを失礼のないように返したり。

いわゆる、見栄ですね。人の目を気にして生きていました。

自然体の自分じゃなかったなと思います。

すごく無理をしていました。

SNSを辞めた今、自分が自分らしくなりました。

インスタ映えのために、お出かけすることはなくなり

熱々の料理をすぐにいただいています。笑

ちょっとダサくても、いいじゃない。

これが本当のわたし。

SNSを辞めて、等身大の自分になれました。

自分や家族との時間が増えた

SNSに費やしていた時間は、膨大でした。

暇さえあれば、誰かの投稿を見ていました。

たまに投稿すると、いいね!やコメントがきました。

コメントがたくさんつくと嬉しくて楽しくて。スマホにのめりこんでいました。

丁寧にひとりひとり、返信していました。

そのやりとりが楽しくて、気づけば1日中スマホを見て

ぐったり疲れていました。

わたし、なにやってんだろ。

そこでやっと、SNSが自分の時間と家族との時間を奪っていることに気付きました。

SNSをやめたことで、自分のやりたかったことに時間を使えたり

夫と話す時間も増え、子どもと遊ぶ時間も増えました。

まとめ

SNSは、離れていても人とつながれる便利なツールです。

魅力的な部分も多くありますが

心も体も疲れさせてしまう部分も持ち合わせています。

自分に合った使い方ができるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました