繊細さんが集まる職場のデメリット

お仕事

過去に働いていた女性5人の職場は

全員HSPなのではないか?と思うほど繊細さんが多かったんです。

繊細さんばかりが集まる職場はどうなるのか?

物事が決まらない

繊細さんだらけだと、人の気持ちを優先しすぎて、話し合いが全然進みません

意見を出し合うと、その意見もいいね!と否定せずに聞き入れてもらえますが

じゃあこの件はまた後日・・・

先延ばしになってしまうことがよくありました。

リーダーシップをしっかり取れる人が1人でも居たら、あっさり決まるようなことも

ダラダラと話し合うだけで決まらない・・・

とても時間の無駄だなと感じていました。

本音が見えない

本音が見えないんです。

お互いに気を遣い合って、傷つけないように振舞います。

本当は頼みたいことも、今は忙しそうだから頼まないでおこうとか

その仕事をやらせてほしいけど、相手もその仕事をやりたいんじゃないかな?とか

変に気を遣いすぎて、腹の内を探り合うことが多く疲れました。笑

本音を見せ合って仕事できたら楽なんでしょうけど

優しい人たちなので、譲り合ったり、遠慮しちゃうんですよね。

頑張りすぎてしまう人がいる

繊細さんは感覚過敏なので疲れやすいという特徴があります。

いちばんHSPの症状が強い先輩は

部下に仕事を任せることができず、ひとりで抱え込んでしまうタイプでした。

「どんどん仕事振ってくださいね!手伝いますよ!」とこちらから伝えても

「これをやらせるのは申し訳ないから。大丈夫、ありがとう」と言われてしまいます。

その先輩は、1人で頑張って頑張って

夜中まで残業してしょっちゅう遅刻をしていました。

限界まで頑張りすぎて体調を崩して連絡がつかないようなこともありました。

まとめ

繊細さんだらけが集まる職場は、気遣いしすぎるため

物事がすぐに決まらなかったり

本音が見えなくてコミュニケーションに困ったり

頑張りすぎて体調を崩す人がいます。

勇気を出して、はっきり自分の思いを口に出しましょう!

人のことよりも、自分を優先していいんです。

もっともっと自分を大事にしてあげましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました